【要注意】ハワイのサメ攻撃は10月に到来!




ALOHA!

ハワイ情報ブログ、ホノルル在住アコ
(Instagram@happyhawaii50)です。

ハワイは10月にサメの被害のニュースが多くなります。

今日もカウアイ島で、サメの警告サインが出されたとのニュースがありました。

ハワイは毎年10月から12月の期間に、サメの目撃情報やサメに攻撃されるニュースが報道されます。

1年の間で最もサメが活発に活動するのは、10月なのです!

そこで今回は、私アコが10月にサメの攻撃から身を守るポイントをお伝えします。

 

ハワイのサメの攻撃は10月がピーク!

サメ

サーファーやウォータースポーツをする人は、一年中サメに攻撃されるリスクはあります。

一年の中でも10月に最もサメの被害が多いのは、サメは出産のシーズンは10月から12月の間だからと言われています。

出産に向けて、エネルギーの貯蔵量を増やすために、サメの食欲が増す時期なのです。

特にイルカや海亀がいる場所は、周りに捕虜をしているサメがいるかもしれないので、気をつけなければなりません。

 

ハワイでサメに襲われる確率はどれくらい?

サメ

どんなに「サメに気をつけて」と言われても、せっかくハワイに来たら、海に入って遊びたいですよね。

イルカとシュノーケリングやサンドバーでウォータースポーツなど、ハワイには海で遊ぶツアーが多いです。

では、10月のサメ被害の確率はどれくらいなのでしょうか?

実際にサメに襲われる確率はとても稀であり、人間がサメに攻撃されるケースは、世界中で年間平均75人、そのうち約10人が死亡しています。

しかしこの数字は、何百万人も海に入る人数を考えると、かなり稀であるとわかります。

ハチや犬、蛇に噛まれて死んだり、もしくは雷が落ちて死ぬ確率の方が高いのです。

そう考えると油断してしまいそうですが、毎年10月になるとサメの被害がよくニュースになるので、気をつけなければなりません。

 

ハワイの海でサメに攻撃されないための対処法

サメ

サメに攻撃される可能性は、実は言われているほど起こりません。

だからこそ、自分が被害者になって、サメに足を引きちぎられたら、ショックなんてものではありませんよね。

そこで、海に入ってもサメに攻撃されないためのルールを知っておきましょう。

 

いつもグループで海に入る

サーフィン

海には一人ではなく、グループで入るようにしましょう。なぜなら、サメは一人でいる人間を攻撃することが多いからです。

また、万が一サメに攻撃されても、周りに人がいれば助けてくれるので、海に入るときは、なるべくグループで入りましょう。

 

海岸から離れすぎない

サンディービーチ

あまり遠くでひとりサーフィンをしていると、万が一サメに攻撃されても、誰にも気がついてもらえません。

サメに攻撃されても救助が遅くなり、助かる可能性が低くなるので、あまり海岸から遠く離れないように気をつけましょう。

 

夕方以降は海に入らない

ハワイに住んでいる方は、仕事が終わると海へサーフィンに出掛ける方が多いです。

多くのサメは夕方から夜に活発に活動しますので、気をつけなければなりません。

特に10月から12月の間はサメの活動がピークですから、夕方からのサーフィンはなるべく避けたほうが良いでしょう。

 

出血がある時は海に入らない

ダイアモンドヘッドビーチ

サメは血の匂いに敏感なので、体のどこかに出血がある場合は、海に入るのを控えましょう。

私も海でケガをして出血した時は、治るまで海に入らないようにしています。

 

キラキラしたジュエリーを付けて海に入らない

ワイキキビーチ

光沢のあるジュエリーを付けて海に入ると、サメは反射光によって輝く魚の鱗のように見えるそうです。

魚の鱗と間違えられてサメに攻撃されないように、キラキラしたジュエリーを付けて海に入るのはやめましょう。

 

下水の水域には入らない

デュークカハナモクビーチ

下水の水域には亡くなった魚など、サメのエサとなるものが集まっています。

その近くにはサメがエサの捕虜にやってくる可能性が高いので、近づくのはやめましょう。

 

魚が多い場所でのダイビングは避ける

ワイマナロビーチ

数多くの魚がいるところはシュノーケリングやダイビングの絶好のスポットですが、同時にサメを引き寄せやすい場所でもあります。

特に10月にシュノーケリングやダイビングをする方はサメに要注意です。

 

サメの目撃情報や警告サインがある日は海に入らない

ダイアモンドヘッドビーチ

去年、私はラニカイビーチで遊んでいたとき、サメの目撃情報があったため、引き上げることになりました。

サメに攻撃される確率は低くても、警告サインが出ているときは海に入るのをやめましょう。

 

コントラストのあるラッシュガードは着ない

サンディービーチ

サメはコントラストがあるものをよく見つけるそうです。例えば、黒と赤、グレーと黄色など、無彩色と派手な色のコンビはサメに狙われやすいそうです。

ラッシュガードを買うときは、色やデザインを意識して選ぶと良いでしょう。

 

海でスプラッシュしない

ワイマナロビーチ

海で遊んでいると、はしゃいでパシャパシャやりたくなりますが、スプラッシュはサメの目を引くそうです。

特にハワイはペットの犬と一緒に海に入る方も多く、犬はパシャパシャとスプラッシュしますが、サメの目から気をつけなければなりません。

 

最後に

シェラトンワイキキ

ハワイのサーファー達は、あまりサメを恐れていません。むしろ「サメは素晴らしい生き物だ」という人が多いです。

「人間も牛、豚、鶏、魚を捕虜して食べているのだから、サメも近くあるものを食べ物として見ているだけであり、決して人間を襲っているわけではない。」という人もいます。

サメにとって海はホームですから、確かに人間を攻撃しているわけではないかもしれません。

またサメは、人間によって絶滅の危機にあることを忘れてはいけない、という話も聞きました。

毎年10月になると、サメのキモチを考えることが多くなる、今日この頃です。

10月から12月にハワイ旅行の予定がある方は、くれぐれもサメの被害者にはならないように、気をつけて遊びましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

mahalo!

ブログランキング参加中!
▼応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

▼ハワイの〈いま〉を24時間配信中!Follow us!




この記事をシェアしよう!

ハッピーハワイウェディング

〈特典1〉
今ならラインお友達登録してくれた方全員に「ハワイ旅行が10倍楽しくなる!ハワイガイドブック2018」(pdf版)を無料でプレゼント!

ハッピーハワイ
ライン登録して、無料ガイドブックをもらおう!

▼ハワイの最新情報が満載!▼

↓↓〈お友達登録〉はお気軽に↓↓

LINE IDhhthawaii

ここをクリック↓
Add Friend

〈特典2〉
いつでもハワイ旅行の無料相談ができる!

ラインにお友達登録して頂くと、いつでもハワイ旅行の無料相談ができます。

ホテルやレストランの選び方、お土産選びのアドバイス、フォトジェニックなスポットなど、お気軽にご相談ください。

ハッピーハワイ
ハワイ現地からあなたのベストなハワイ旅行をアドバイス致します。

毎日みなさまから、このようなご質問を頂いています。一部をご紹介します。
\(^o^)/

ハネムーン
はじめてのハワイです。両替はハワイでする方がお得ですか?
ハネムーン
Wi-Fiルーターはレンタルした方が良いですか?
ハネムーン
キレイな夕日が鑑賞できるレストランを探しています。どこかおすすめはありますか?
家族旅行
はじめての子連れ旅行です。5歳の男の子が楽しめる場所を教えてください。
家族旅行
1月でも海やプールで泳げますか?
ハッピーハワイ
ハワイ旅行に関するご相談はお気軽にどうぞ♪ハワイ現地から返信いたします。

↓↓〈お友達登録〉はお気軽に↓↓

LINE IDhhthawaii

ここをクリック↓
Add Friend


ハッピーハワイウェディング

ハワイは貸切りで!
プロカメラマンと豪華リムジンで周るフォトプラン

ウェディングフォト

ハッピーハワイウェディングは、豪華リムジンで、数多くの場所を撮影して周るフォトプランです。

1組のハネムーンカップル様のために、ゆっくりと丁寧に、最高のハワイをご案内致します。

圧倒的なロケーション数が大好評!

ウェディングフォトプランを今すぐチェック!


ハッピーハワイカジュアル

ハワイは貸切りで!
プロカメラマンと豪華リムジンで周るフォトプラン

カジュアルフォト

ハッピーハワイカジュアルは、豪華リムジンで、数多くの場所を撮影して周る、フォトプランです。

1組のファミリー様・グループ様のために、ゆっくりと丁寧に、最高のハワイをご案内致します。

貸切りのリムジンですから、赤ちゃんや幼児をお連れのファミリー様も安心。

カジュアルフォトプランを今すぐチェック!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA